My List

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 音痴 その2 | トップページ | ワイドショーと音楽 »

2004年11月21日 (日)

英文の日本語訳

「世界人口白書」(日本語版)という冊子を読んだ。国連人口基金が出しているのだ。もともとは英文であったものを日本語訳したらしいの だが、この訳がひどい。
「1994年の国際人口開発会議(ICPD)の中心となる前提は、国の人口の規模、増加、年齢構成、地方と都市の分布がその国の開発の将来の見通し、特に 貧困層の生活水準の向上の見通しに重大な影響を与えるという考えであった。この考えを受けて、ICPDは「人口に対する関心を、あらゆるレベルの開発戦 略、計画、意思決定および資源配分に十分組み込むこと」を各国に要求した」
よく読めばなんとなくわからないこともないのだが、理解するのに苦労する。ちなみに原文はどうなっているか。UNFPAのHPに出ていた。
A central premise of the 1994 Cairo conference was the notion that the size, growth, age structure and rural urban distribution of country's populateion have a critical impact on its development prospects, and specifically on prospects for rasing the living standards of the poor. Reflecting this understanding, the ICPD called on countries to "fully integrate population concerns into development strategies, planning, decision-making and resource allocation at all levels".
私のような貧困な英語力しか持っていない人間でも、まだ英文のほうがわかりやすい。立派な装丁と紙質で100ページ以上ある冊子であるが、日本語版を最後 まで読む人はいないだろう。もう少し何とかならないものかと思うのだが、なかなか難しいのかもしれない。
こういう文書に限らず、やっぱり原文を読まなければいけないなあと思った次第。

« 音痴 その2 | トップページ | ワイドショーと音楽 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音痴 その2 | トップページ | ワイドショーと音楽 »