My List

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 無題 | トップページ | 年末 »

2005年12月28日 (水)

ローマ字表記

今日は1年の362日目。正月まであと4日である。ところで、クリスマスと言うと歌がたくさんあるのに正月の歌はほとんどないのはなぜだろう。私が知っているのは「お正月」(東くめ作詞・もういくつねると)と「一月一日」(千家尊福作詞・としのはじめの)。
子どもの頃もっと不思議だったことがある。
「お正月にはたこあげてこまをまわしてあそびましょう。はやくこいこいおしょうがつ」
そんなにこまをまわしたいなら、たこをあげたいなら、別にお正月がこなくてもやったらいいじゃん。
くめさんごめんなさい。


ひねくれ教育事典 【ん】
ん ヘボン式ローマ字では「ん」はいつも"n"ではなく、b、m、p の前では、"m"を使うことになっている。だから、産婆さんは"Samba”、本間さんは"Homma"、乾杯は"Kampai"である。最近は、それが日本語にまで影響してきて「がムばります」と書く人まででてきた。ところで、ローマ字には「訓令式」というのがある。訓令は「上級官庁が所管の下級官庁に対して事務の方針や権限の行使などの基本に関する命令を発すること。また、その命令」(Infoseekマルチ辞典)である。そして、戦前に内閣訓令で定められ、戦後は内閣告示で定められたものが今で言う「訓令式」である(なら、告示式と言ってもよさそうなものだ)。この告示は現在でも効力があるので、小学校のローマ字教育では訓令式が使われているのである。内閣の長である小泉純一郎氏の名刺には、Junichiroh ではなく Zyun'ichirô(「じゅにちろう」と読まれる恐れがあるので、nとiの間に’を打つ)と書かれているのだろうか。ぜひ一度見てみたい。私は昔からヘボン式を使って来たが、最近は訓令式も良いなあと思いはじめた。YOSIDA Takasi。すっきりしてとてもよい。ただし、「よすぃだたかすぃ」と読まれそうである。ん?「ん」からだいぶ脱線した? そんなかたいことを言わなくてもいいでしょう。

小泉純一郎を順一郎と書いてしまった。はずかし。

« 無題 | トップページ | 年末 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 無題 | トップページ | 年末 »