My List

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« クソメール | トップページ | 東横イン »

2006年1月23日 (月)

いい歳こいて

週刊現代1・28号の連載エッセイ、酒井順子「その人独身?」に次のような文があった。
「お正月にポストに届いた年賀状をつらつら眺めていた時のこと、私はある一枚の年賀状の文面に、衝撃をうけたのでした。そこには、
『去年は色々とお世話になりました(ペコリ!』
と書いてあったのです。
その年賀状の差出人は、もう大人の男性なのです。と、言うより、はっきり言えば彼は45歳。男が45にもなって「ペコリ」って・・・」
ドキッ! 私は、年賀状は出さないが、この種の「おちゃめ」好きなので、メールには仕事の場合でも書くことは多い。
例えば・・・(笑)、(泣)、(^^; (^_^) ・・・はしょっちゅうである。
「男が55にもなって・・・」といわれそうである(泣)。
まあ、これが良いか悪いかは別にして、こういう「おちゃめ」に対する反応はいろいろである。
おちゃめの部分はまったく無視して、用件のみに反応してくる人・・・
同じ程度の・あるいは倍くらいにおちゃめをやってくる人・・・
後者は、いいとして、前者については、相手の気持ちはまったくわからない。
・・・このクソ忙しい時に、冗談はやめてほしいよな(怒)
・・・いいオヤジが、ばかか!(苦笑)
・・・いかんいかん、つい乗りかけてしまった・・相手はこれで反応を確かめているのかも知れん(疑)
・・・同じように反応したいのだが、相手が先生ではなあ(困惑)
という具合である。
私は、どうせ先行きも短いから、どう思われたってかまわない。どうせメール出すなら楽しくやりたい。無視したければ無視すればよい(泣)。しかし、せっかくのメール、用件伝えるだけに使うのではつまらない。ただし「過ぎたるは及ばざるがごとし」である。相手を不快にさせるだけである。いや、私もすでに不快にさせているかもしれない(^^; 

« クソメール | トップページ | 東横イン »

ことば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クソメール | トップページ | 東横イン »