« 礼金 | トップページ | 妄想-その2 »

妄想

小泉元首相が、定額給付金関連の法案は衆議院の議席2/3を使ってまで成立させなければならない法案ではないと発言した。

すこし危うくなったが、この法案が成立したと仮定して・・・

以下は妄想である。

某学会の会員は約1500人、会員が定額給付金のうちの10000円を寄付してしてくれたら1500万円。学会運営が相当楽になる。もちろん、景気を刺激しなければならないから、新しいコンピュータをはじめ事務用品はすべて買い替え。会議はすべてホテルで昼食付き、会議終了後は打ち上げ。それでも使い切れない場合は専用の乗用車。

キリスト教の某宗派の実質的な信者数は約10000人。この信者に献金してもらえば、1億円。全国の老朽化した教会を改修すれば、少しは景気回復に役に立つかもしれない。そして、会員100万人の団体が、さらに会員1000万人の団体が同じことをしたら・・

あくまで妄想ですからね。

|

« 礼金 | トップページ | 妄想-その2 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 礼金 | トップページ | 妄想-その2 »