« 東京 | トップページ | 晩節を汚す »

ブルートレイン

今日午後にまた上京する。飛行機で行って、飛行機で帰る。味も素っ気もない。

3月14日にJRのダイヤが改正(改悪?)される。それにともない、また寝台列車が姿を消す。東京-大分・熊本間を走る富士・はやぶさである。

久しぶりに大判の時刻表を買った(いつも買いたいのだが、禁欲している。買うと一日眺めてしまうので)。寝台列車が少なくなったことに、あらためて愕然とした。それどころか、夜行列車そのものが非常に少ない。さらには、在来線の長距離列車がほとんどないのだ。これは、JRが6社(貨物をいれると7社)に分割営業されていることによる。

それでも弘前に停車する寝台列車が2往復ある。大阪-青森間を走る「日本海」(以前は2往復だった)と、東京(正確には上野)-青森間を走る「あけぼの」である。

10日に高崎に出張する。行きは、弘前-奥羽本線-青森-東北本線-八戸-東北新幹線-大宮-上越新幹線-高崎の経路である。帰りは、22時47分に高崎で「あけぼの」に乗車し、翌日9時18分に弘前に到着する。経路は、高崎-上越線-宮内(通過)-信越本線-新津(通過)-羽越本線-秋田-奥羽本線-弘前である。通過する県は、青森-岩手-宮城-福島-栃木-埼玉-群馬-新潟-山形-秋田-青森ということになる。

もう一件。25日に関西の大学で新任教員のオリエンテーションがある。ところが24日は、こちらの大学で卒業式もある。卒業パーティーに出席することにしている。あちらの居住予定の家はまだ寝泊まりできる上京状況ではない。それで寝台を使うことにした。

「日本海」は、弘前を20時16分発、奥羽-羽越(新潟は経由しない)-信越-北陸-湖西-東海道の各線を経由して、10時27分に大阪に着く。通過する府県は、青森-秋田-山形-新潟-富山-石川-福井-滋賀-京都-大阪である。

旅行の楽しみは、目的地にだけあるのではない。私は、目的地に行くまで、また目的地から帰ってくる途中にあると思っている。「寝台列車じゃあつまらない」と思う人もいるかもしれない。そんなことはない。寝台車で飲む酒は格別である。ゆっくり寝転がって読書もできる。隣席の人と仲良くなることもある。私は、デッキから見える朝の日本海の景色がとても好きだ。

寝台列車、長距離列車の廃止は、旅の楽しみを奪ってしまう。廃止される前に、できるだけたくさん乗っておこうと思う。

|

« 東京 | トップページ | 晩節を汚す »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ブルートレインではありませんが・・・
今日は大宮新潟経由で鶴岡に来ています。
海は荒れていましたが、笹川流れがとてもきれいでした。
着いてすぐレッスンだったので、アルコールは無しで、ちょっと残念。

投稿: ebakos | 2009年3月 7日 (土) 18時56分

はじめて寝台車に乗ったのは、
昭和38年夏(2歳)のとき、下り急行「北斗」(東北路の名士列車)の
1等寝台、オロネ10である。記憶はない。


高校3年になって、
盛岡から東京へ受験準備のために通うようになり、
「北星」を何度も利用した。盛岡市民にとって理想のスジであった。

投稿: 石原真 | 2009年3月 9日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京 | トップページ | 晩節を汚す »