« 住みにくい県 | トップページ | 臓器移植法 »

走る

090617_104702
3ヶ月・なかなか悪太郎のようだ

毎日、片道6キロほどの道のりを歩いて通勤している。最近は汗が相当出るので、着替えをリュックサックに入れて短パンで歩く。途中、武庫川河川敷の土の上を1.5kmほど通る。メタボなので足を痛めるのが怖いが、その部分だけゆっくり走ってみた。久々だったのだが、感触がよみがえってきた。また、マラソン大会に出たい。そのためには、このメタボを直さなければ・・・

ところで、歩いたり走ったりするとメタボにどのくらい効果があるのか。今から5年ほど前、走ることに夢中だった私は自信満々で書いていた。2004年1月4日のメッセージである。

今日は津軽は雪でしたが、勇気を振り絞って走ってきました。
家から弘前城公園の外をぐるっとまわって帰ってくるとだいたい12キロです。
ところで、12キロ走るといったいどのくらい痩せられるのしょうか。
よく聞かれるので書いてみます。
----------------------------------------
時々人に聞かれます。
「走るのはダイエットに効果がありますか?」
この質問は実は間違っています。Dietは「食事」やや広げて「食事療法」という意味です。
ダイエットを減量という意味で使っている人(マスコミなども含む)もいますが、意味の広げすぎです。
ダイエットというのは減量の一つの手段です。そしてもう一つの減量の手段が「走る」を含む運動です。
 
問題は「走ると一体どのくらい減量できるのか?」ということです。
例えば、走る前に体重を計ります。10キロ走って帰ってきて体重計にのります。最大の場合3キロくらい減っています。
しかし、これは減量とは言いません。体から水分(汗)が出ていっただけです。出た水分は補給しなければならないのです。
水分を補給すれば結局体重は戻るのです。補給しなかったら脱水症状になり危険です。「水を飲んではいけない」などという説もあるそうですが、古い昔の説です。・・ちなみに△木そ○子式ダイエットでは「水分をとるな」と言ってましたが、大きな間違いです。
 
本当の減量とは、体の脂肪を燃やすことを言います。個人差はありますがだいたい次のように考えてください(どの本に書いてあることもだいたい同じようなものです)。
 
・体重Xキログラムの人が1キロ走る(早足で歩くでもよい)とXキロカロリー消費する。
・7200キロカロリー消費すると、体脂肪が1キログラム燃える。
 
では実際に応用してみましょう。計算しやすいように体重72キロの人(昔の私)の例で考えてみます。
この人が毎日2キロのジョギングをしたとします。
72キロの人が1キロ走ると72キロカロリー消費しますから2キロだと144キロカロリー消費します。
7200キロカロリーで1キログラムですから、144キロカロリーだと0.02キログラム、つまり20グラム減量できます。
10キロ走ってやっと100グラムです。体重の少ない人はもっと効果薄です。
 
ジョギングで減量できる量なんてごくわずかですね。10キロ走ってもいつもの食事よりカレーライス1杯(約700キロカロリー)余分に食べたら、それでもうおしまいです。
「なーんだ」と落胆されたあなた! それだけ時間をかけて自分で脂肪を貯め込んだんだからしかたないでしょう。
時間をかけて消費しましょう。
 
とは言うものの続ければ必ず効果が現れます。健闘を祈ります。

この文、そっくりそのまま今の自分へ(泣)。

|

« 住みにくい県 | トップページ | 臓器移植法 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住みにくい県 | トップページ | 臓器移植法 »