« ワーイ | トップページ | 尼崎散歩(その2) »

クロマッティック・ハーモニカ

「武庫之荘」駅の近くに、ライブハウスがある。
ステージもかなり立派な本格的なライブハウスである。
前もって予約しておけば、プログラムによっては、1ドリンク、1フードだけで聴ける(もちろん、私は1ドリンクではすまない)。

昨日は、「徳永延生クロマティックハーモニカ」で、演奏者は次のとおり。
徳永延生(ハーモニカ) 池田定男(ギター) 村松泰治(ベース)
私は、この世界のことは詳しくないのだが、3人の奏者とも関西では名の通った奏者であるらしい。

私はハーモニカと言うと、一調限定の複音ハーモニカやブルースハープ(調ごとに持ち替え)を思い出す。クロマティック・ハーモニカといのは、なんとなくおもちゃというイメージがあった。昨日はジャズ中心のプログラムで、クロマティック(スライド式)の演奏をライブで聴くのははじめてだったのだが、その表現力の豊かさに驚いてしまった。約2時間、たっぷり楽しむことができた。もちろん、徳永延生さんの技術によるところが大きいのだが。

|

« ワーイ | トップページ | 尼崎散歩(その2) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワーイ | トップページ | 尼崎散歩(その2) »