« 関西学院大学教育学会 | トップページ | 走る意味 »

負け犬根性(その2)

石原知事がまた○○なことを。本日「朝日」の朝刊

 「銅(メダル)を取って狂喜する、こんな馬鹿な国はないよ」。東京都の石原慎太郎知事は25日、バンクーバー五輪の日本選手の活躍に対する国内の反応について、報道陣にこう述べた。


 同日あった東京マラソン(28日開催)の関連式典のあいさつでも同五輪に触れ、「国家という重いものを背負わない人間が速く走れるわけがない、高く跳べるわけない。いい成績を出せるわけがない」と話した。

そうか、日本は馬鹿な国なんだ。石原知事はかつては自分に反対する「人間」を馬鹿よばわりしていたが、「国」を馬鹿よばわりしはじめたか。あるいは、銅で喜ぶ人間は国民じゃないといいたいのかな。

「国家という重いものを背負わない人間が速く走れるわけがない、高く跳べるわけない。いい成績を出せるわけがない」

こういう言葉をきくと、走れなくてもいいんじゃない・・、跳べなくてもいいんじゃない・・、いい成績だせなくてもいいじゃない・・、と思ってしまう。銅メダルで驚喜する人が多数派である国の国民でよかったと、胸をなでおろすのである。

負け犬根性は国を救う。

|

« 関西学院大学教育学会 | トップページ | 走る意味 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

字義通りに取ると“「国」を馬鹿よばわり”なんですが、これを聞いてそう受け取る人はいませんよね。
じゃあ、どういう意味かと聞かれるとよくわからない。
さすがに、作家の発言....
「銅(メダル)を取って狂喜する、こんな馬鹿な国はないよ」
「金メダルでなく、銅メダルで狂喜するのでは、自分の国をおとしめることになる。そんな馬鹿なことをするような国であってはならない。」
で、翻訳になりますでしょうかね。

まあ、本当に字義通り、日本が馬鹿だと思ってくれたら、東京も楽なんですが。

投稿: compUT/OSer | 2010年2月26日 (金) 21時02分

しかし、石原都政はオリンピック招致にいったい何億円使ったのですかね。
その招致レースの結果は銅メダルでしたね。よほどこたえたのでしょうか。

投稿: 吉田孝 | 2010年2月27日 (土) 02時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 関西学院大学教育学会 | トップページ | 走る意味 »