« 言挙げ | トップページ | カープ »

徒歩通勤(その1)

前に、「怒鳴らない!」と決めたのだが、いっそのこと「怒らない」ことにした。
「怒りは抑えることができない」と思いこんでいたのだが、どうも間違っているようだ。
そういう場合もあるのかもしれないが、むしろ「怒っている自分に酔っている」ほうがはるかに多いような気がする。こんなことに、こんな年になって気がつくとは。このことは、お隣の大学の内田樹先生が書かれていたような気がするが(その先生の本を読んで私がそう思ったのかもしれない)、どこに書いてあったのか探し出せない。
=============
Haratatezu_3

心おだやかに。

最近は毎日徒歩通勤している。その途中での風景。

阪急武庫之荘駅北口から北(やや北西)へ向かう道路を歩くのだが、その道の西側に小さな水路がある。この水路にかかっている橋に番号がついている。

Img_1274
駅改札口を出て左へ約20メートル。左が一の橋、右が二の橋
Img_1276
三の橋。道路は斜めに交差している。
Img_1278
右が四の橋。左側の店舗のタイルの下も水路である。だから「橋」でもあるのだが、店舗や民家にかかっている橋には番号がついていない。
Img_1279
五の橋を渡ると・・・・

続く

|

« 言挙げ | トップページ | カープ »

日常生活」カテゴリの記事

コメント

そういえば、私も4年前タイから帰国するときに、自分の年齢を勘案して、怒鳴る事も、怒ることも止めにすることを決意したりしました、
それ以来、真に必要だと思って、怒って、怒鳴ったのは2回だけありますが、それ以外は普通の優しい人になっていますヽ(^o^)丿、

投稿: トンロー | 2010年4月28日 (水) 22時50分

トンローさんの年齢でそれを悟られるとはすばらしいですね。私は少し遅すぎましたが、これから努力します。

投稿: 吉田孝 | 2010年4月29日 (木) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言挙げ | トップページ | カープ »