« 自転車 | トップページ | 今日は »

林葉直子さん

朝日新聞朝刊から

日本女子プロ将棋協会(LPSA)は14日、元女流名人の林葉直子さん(42)が6月にスタートする同協会公認棋戦「日レスインビテーションカップ・女流棋士トーナメント」に出場すると発表した。LPSAが主催者推薦で特別出場を依頼し、林葉さんが快諾したという。

LPSAは日本将棋連盟から独立した女流棋士の団体。同トーナメントは公式戦ではないが、林葉さんのほか同協会所属の女流棋士やアマチュア3人ら計17人が出場し、優勝賞金100万円を争う。

林葉さんは1980年に女流棋士となり、女流名人4期、女流王将を10期獲得するなど活躍。15歳0カ月で女流名人を獲得した年少記録を持っている。し かし95年、「勝ちたいというプロ意識がなくなった」と将棋連盟を退会した。同協会によると、女流棋士への復帰や他の棋戦への出場予定は現段階ではないと いう。

林葉さんは、もともと才能のある女流棋士だった。例の事件で大騒ぎになり、その後も大変な人生を送ってきたようだ。あの時は痛々しかった。

今回は1回限りのトーナメント出場だが、ぜひ以前のような将棋をみせてほしい。そして今回のLPSAの決断に拍手!

※The ladies professional shogi-players' association of Japan
日本女子プロ将棋協会
私はこの団体のファンクラブである Minerva に入っている。
LPSAと日本将棋連盟とのことについては、いろいろ書きたいことがある。現将棋連盟会長が諸悪の根源だと思っているが、それはまた別の機会に。

|

« 自転車 | トップページ | 今日は »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

女流棋士、憧れます…。この世界の人たちは、概して早熟ですよね。林葉さんは、プロとしての気負いがないほうが、かえっていい勝負がでできるかもしれませんね。

投稿: トミー | 2010年5月15日 (土) 10時30分

トミーさん

でも、世間知らずで純真なところもあります。
だから、将棋連盟でいいように利用されてきたのです。
やっと、女流が独立して活動するための女流の団体をつくろうとしたら、将棋連盟会長が妨害して女流を分裂させました。

投稿: 吉田孝 | 2010年5月15日 (土) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車 | トップページ | 今日は »