« 今日は | トップページ | 口蹄疫 »

文部省唱歌100年

昨日、原稿を書いていて思いついたこと。

小学校の共通教材になっている24曲中、「文部省唱歌」と記されている曲は17曲ある。「文部省唱歌」とは、文部省が編纂した教科書に掲載された曲である。当時は作詞者・作曲者の名を記していなかったので、戦後になってこう呼ばれるようになった。共通教材のうち文部省唱歌の初出は次の通りである。

A 尋常小学読本唱歌・全1巻(1910)
B 尋常小学唱歌・全6巻(1911-1914)
C 新訂尋常小学唱歌・全6巻(1932)
D ウタノホン(1941)
(学年は現在の学習指導要領で指定されている学年)

1年
うみ D
かたつむり B
日のまる B

2学年
かくれんぼ D
春がきた A
虫のこえ A

3学年
茶つみ B
春の小川 B
ふじ山 A

4学年
まきばの朝 C
もみじ B
こいのぼり

5学年
スキーの歌 C
冬げしき B

6学年
おぼろ月夜 B
ふるさと B
われは海の子 A

Aの尋常小学読本唱歌は、Bの尋常小学唱歌が完結するまでの間、暫定的に編纂されたもので、読本教科書の韻文に曲がつけられたものである。この曲はすべて次の尋常小学唱歌集にも掲載された。

A、Bを合わせると12曲が、1910年から1914年までに編纂された教科書に掲載されたことになる。

尋常小学読本唱歌が発行されてから、今年はちょうど100年。今歌われている、唱歌の大半が100年前に生まれた曲ということになる。

文部省唱歌100年

何かイベントやりませんか。
もちろん、これを見て何か思いついた人が独自にやるのもよし。

|

« 今日は | トップページ | 口蹄疫 »

音楽教育」カテゴリの記事

コメント

> 文部省唱歌100年
> 何かイベントやりませんか。

いいですね! 乗ります。

投稿: 北山敦康 | 2010年5月17日 (月) 09時22分

 なるほど~そうなんですか。学生時代に唱歌と讃美歌の共通点について、レポートを書いたのを思い出しました。たしか讃美歌の旋律が、郷土や母を思う日本人の心にマッチして、歌詞が書きかえられたものもありましたよね。

投稿: トミー | 2010年5月17日 (月) 19時33分

面白い話ですねw

投稿: zain | 2010年6月13日 (日) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は | トップページ | 口蹄疫 »