« WC(その2) | トップページ | 京都見廻組 »

なります

NHKの「みんなでニホンGO!」(の6月10日放送分をビデオでみた。この日は「なります」だった。あのレストランやコンビニでの「コーヒーになります」「領収書になります」だ。私は耳障りで仕方ない。

番組の参加者(タレントと一般参加者)のほとんども「なります」には最初は反対だった。ところが、「なります」は「○○にあたります」という意味で使用されること場合があることが紹介された。また使う側から、「○○です」では少し冷たく「○○でございます」は堅すぎるという気持ちが伝えられると、反対者の数が半数以下になってしまった。

そんなばかな話しがあるか。コーヒーそのものを持ってきて「コーヒーにあたります」というのはおかしい。領収書を出して「領収書にあたります」もおかしいだろう。また、いくら使う側の気持ちと言っても、間違いは間違いである。こういう言葉づかいを番組が擁護するのはやめてほしい。司会者の一人、アンタッチャブルの山崎の番組の中でのギャグは不愉快だ(どうもピントがずれている)。

そういえば、あの番組の一般参加者の一人で永尾陽典(59)という人が「なります」について「だめなものはだめ!」と強く発言していた。賛成である。さすが59歳と感心していたら、ふと思い出した。この名前どこかで覚えがある。少し調べたら高校の同級生だった。別のクラスだったので話したことがあるかどうかも覚えてもいない。ただ名前が珍しいのでなんとなく覚えていた。今話題のJAXAで研究をしているらしい。

|

« WC(その2) | トップページ | 京都見廻組 »

ことば」カテゴリの記事

コメント

ファミレスとかコンビニとかは、文化の崩れ始めに*なります*、と思います。
きちんと文化を継承したのでは、却ってファミレス/コンビニになれないのでしょう。

投稿: compUT/OSer | 2010年6月16日 (水) 07時59分

「なります」ってへんだ!
という話題で盛り上がりながら仲間たちと飲んだのが、たしか10年くらい前だ。
すなわちその頃には、よく使われる表現であった、ということだ。

会計のとき「○△円から」という人がいる。
この「から」がへんだ、と指摘する向きも多い。じつは私はこの表現を使ってしまう。

私は、
若い女性たちが
「ありがとうございました」と言わず
「ありっとございました~」のように発音するのが少し気になっている。
ただし、かわいい子だとよりかわいく感じる語感でもある。

投稿: 石原真 | 2010年6月16日 (水) 10時51分

ファミレスやコンビニも最近は従業員教育で「なります」を禁止しているようですね。

JRの駅構内放送で、「降りるお客様が先となります」というのを聞きました。
「降りる(お降りになる)お客様を先にお通しください」だと思うのですが・・・

少し関係ありませんが、私は教室においては学生に若者コトバを使うのは禁止しています。

「これとこれとこれをよく練習しておくように」
「まじすか?」
「私の言葉を不真面目というのか!」

これを書いていたら、今電話がかかってきた。
「もしもし、○○さんのおたくでよろしかったでしょうか?」
・・・間違い電話だが、「よろしかったでしょうか?」はないだろう。
仕方ないので次のように答えた。
「○○さんのおたくならよろしかったのでしょうが、ざんねんながらわたしは○○さんではありませんので、よろしくありませんでした」
言葉がおわらないうちに電話が切れた。

投稿: 吉田孝 | 2010年6月16日 (水) 11時07分

石原さん

>「ありっとございました~」のように発音するのが少し気になっている。

私のマイミクの日記によると、アルバイトの間ではわざと違った発音をしてみるのがはやっているそうですよ。
「いらっしゃいませ」のかわりに「オレはしあわせ」って言うんですって。

投稿: 吉田孝 | 2010年6月16日 (水) 11時15分

>>「いらっしゃいませ」のかわりに「オレはしあわせ」って言うんですって。

まじでうける~

駅の放送で
「危ないですから、白癬の内側へ..」の「ですから」がおかしい! と言い合っている人たちに
何度か遭遇したことがあります。たしかにおかしい。

投稿: 石原真 | 2010年6月16日 (水) 11時25分

>>白癬
ありゃ? 「白線」だわさ....
じゃなくて「黄色い線」だったか?

投稿: 石原真 | 2010年6月16日 (水) 11時27分

JRは「黄色い線」だったと思います。

あの黄色いのは線ではなく「点字ブロック」だと思うのですよ。
私は、あれを「黄色い線」というのがおかしいと思って、盲人の方にそのことを話したら、自分もそう思っているとおっしゃってました。
それで昔、JRにメールを書きました。

「あれは点字ブロックなのに、黄色い線というのはおかしいのではないか。せめて<黄色い点字ブロックの内側へお下がりください>と放送すべきではないか」という趣旨のことを言いました。まったく無視されています。

投稿: 吉田孝 | 2010年6月16日 (水) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WC(その2) | トップページ | 京都見廻組 »