« 鳩山内閣 | トップページ | 常識と非常識 »

6・4 歯を大切に

子どもの頃から歯が強かった。歯の健康優良児で表彰されたこともある。虫歯になったことがない(今でも)。40代まで歯医者に行ったこともなかった。糸を切る、フタを開ける、固いものを曲げる、何でも歯でやっていた。だから、歯磨きもいいかげんだった。それどころか、「歯くそが歯を虫歯から守るのだ」などとうそぶいていた。

これがいけなかった。虫歯にはならなかったが、歯茎をやられた。「歯槽膿漏」-字を見ただけでいかにも痛そうだし、気持ち悪そうだ。結局5本ほど歯を抜き入れ歯にした。それでも今から10年前に半年ほどかけて本格的な治療をしたので、その後はなんとか歯が持っている。定期的に見てもらったほうがよいのだそうだが、なかなか行く機会がない。そうだ、今年の夏は歯医者に通うことにしよう。

|

« 鳩山内閣 | トップページ | 常識と非常識 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

どうぞお大事になさってくださいね!けれども歯が丈夫な人は、食べ物が美味しく感じられるそうです。私なんか虫歯予防の日が誕生日なので、子どもの頃さんざんからかわれました(笑)

投稿: トミー | 2010年6月 4日 (金) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳩山内閣 | トップページ | 常識と非常識 »