« 60歳 | トップページ | 阪急電車 »

検察の犯罪

検察はあの手この手で犯罪の証拠を集め、被告を犯罪者に仕立てようとする。ここまではよい。犯罪を立証すること。それが仕事だからだ。しかし、証拠をねつ造したり、証拠を改竄したりする権限までは与えられていない。

今回の検察官によるデータ改竄事件を見ていると、検察は日常的にそんなことをやっているのはないかと疑わざるを得ない。今回の事件は氷山の一角で、そのやり方があまりにも杜撰だったために表面に出てしまったのだと。

恐ろしい話である。




|

« 60歳 | トップページ | 阪急電車 »

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 60歳 | トップページ | 阪急電車 »