My List

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 慰安婦問題 | トップページ | 切手問題 »

2013年6月 5日 (水)

ドーハの悲劇

やや欲求不満気味だが、昨日のWCアジア最終予選の対オーストラリア戦。1位通過を決めてよかった。あとは、イラク戦をすっきり勝ってワールドカップに望みたい。

アジア最終予選というといつも思い出すのがドーハの悲劇。もちろんあのときと、予選敗退する可能性が限りなく0に近かった今回とは状況が全く違うが。それでも、何が起こるかわからないのがサッカーだ。

1993年10月28日(日が変わっていたかも知れない)、ドーハで行われたアジア予選最終戦、対イラク戦。勝てばワールドカップ出場が決まる。引き分け負けでは敗退。リアルタイムでテレビ観戦していた。2-1での勝ちを確信した後半ロスタイム。イラクのコーナーキックから日本選手が急にうなだれたように見えた。何が起こったのか分からなかった。一瞬の出来事だった。数秒の後、テロップに2-2の文字が出てやっと状況がのみこめた。この瞬間、94年のワールドカップ出場がなくなった。

それから4年後にワールドカップ初出場を果たし、今回で5大会連続出場ということになった。日本人選手がヨーロッパで活躍するようになった。確実に世界に近づいている。それでも20年前のこのシーンのことだけは昨日のことのようだ。WC初勝利のシーンは忘れても、このシーンだけは忘れない。

« 慰安婦問題 | トップページ | 切手問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 慰安婦問題 | トップページ | 切手問題 »