« 悪夢 | トップページ | 半人前 »

ミカドの肖像

前に読んだ本を引っ張り出して来て、パラパラと拾い読み。
猪瀬直樹著『ミカドの肖像』(小学館文庫、2005、初出は1985)

鋭い筆致で西武(コクド)の堤一族の闇をえぐり出すところはじまる名著。これだけのことが書ける人があんな見苦しい言い訳をする。どう考えても同じ人間とは思えない。一度権力を手に入れると、人間というのは変貌するものだ。

お願いだからすぐ辞めてほしいと思うのは、猪瀬ファンだからかも

|

« 悪夢 | トップページ | 半人前 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪夢 | トップページ | 半人前 »