« 終わりなき日常 | トップページ | ○○性 »

13日~15日に九州に行ってきた。叔父や叔母と話して知ったこと。

あの8月9日、アメリカは原爆投下の第一目標が小倉、第2目標が長崎だったらしい。ただ、前日の八幡空襲で発生した煙のために目標が見えずに長崎に目標を変えたらしい。そして小倉の目標が小倉陸軍爆造兵廠(ぞうへいしょう・兵器工場)で、私の父は当時その造兵廠で働いていたそうだ。 ということは、もし原爆が小倉に投下されていたらは、私は生まれてこなかった。また今ここにもいなかったことになる。原爆とは私は直接的には無関係と思っていたが、意外なところでつながっていた。

ところで、私が生まれて来ないとはどういうことなのだろう。私はどこにあるのだろうか。ずっと闇の中にあるのか、それとも別の生命を持った私が存在したのか。

私とは何か。私はなぜ私なのか。私はどこから来たのか。ちょっと哲学的思考をしてみたが、面倒なので5分でやめた。

|

« 終わりなき日常 | トップページ | ○○性 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終わりなき日常 | トップページ | ○○性 »