« 日課 | トップページ | 都知事選結果 »

都知事選

年をとると体力が落ちてくる。五感も落ちてくる。これはだれでも自覚できる。しかし、思考力、判断力、記憶力など脳味噌の衰えはなかなか自覚するのが難しい。

だから多くの老人には自分が老人であるという自覚がない。自分がまわりに迷惑をかけたり、恥知らずなことをしたりしているという自覚がない。迷惑をかけた り恥知らずなことをしたりしないためには、老人になる前に、つまり脳みその確かなうちに自ら一歩引くべきなのだ。引かないなら周囲が引くように忠告すべき なのだ。ただ、忠告するのはなかなか難しい。私はそのために定年というような制度があるのだと思っている。

定年という制度もまちまちだ。一般の社会と比べると全体的に随分定年がおそい社会がある。大学の教員はその典型である。必然的に老害といった問題もおきてくる(私がはやく退職したのも、そういう老害の例をいくつか見てきているからである)。

もうひとつは政治の世界である。今回の参議院選では80歳の人が当選している。80歳にもなって議員の椅子にしがみつこうとする気持ちは、私には全く理解 できない(それが老人の老人たる所以なのだろうが)。それでもこの80歳の人は、政治経験が豊富らしい。周囲がそれを生かしてほしいと願っているからとい う大義名分は立つ(私はやはり恥知らずだと思うが)。

ところが、都知事選では政治にまったく未経験の76歳の老人が政治の世界をめざすという。これはいったいどういうことだ。そして、この人がもう「老害」以 上の危険な状況に入っていることは誰の目にも明らかだ。本来ならやめるように諌めるべき人がいて当然なのだが、おだてて担ぎ出すのだからどうしようもな い。そして恐ろしいことに当選の可能性があるという。そうなったら破滅だ。この老人だけならまだよいが、この人を押している勢力も破滅の道を歩くことにな るだろう。

|

« 日課 | トップページ | 都知事選結果 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 更新がないので心配していました。でも、教育事典で楽しんでいました。一時代前に流行った、何とかの法則と似た法則集のように思えました。本にしたいくらいです。素晴らしい法則集だと思いました。
 さて本題です。今日の記事も、私の感覚と同じです。よく書くと感心しました。誰か、例えば頭の良い官僚が書いた筋書きに乗っているように思えます。誘いの隙でしょう。
 結局、彼が勝って、推薦した団体を叩き潰す作戦なのでしょう。上手く行きはずがないのだからです。
 政権をとった民主党が統治能力のなさが明らかになり、身内を攻撃し、バラバラになり、今の局面になった、再現になるのでしょう。仕方ないです。南無阿弥陀仏。

投稿: tsuguo-kodera | 2016年7月19日 (火) 19時26分

カシオ計算機の水野です。
ふとしたことから、このブログにたどり着きました。

ご退職なされたのですね。40年にわたる、
教職員の人生、誠にお疲れ様でした。
本日はじめてこのブログを拝見しましたが、非常に明快で
且つ楽しんで拝見をさせていただきました。
今後図々しくも読ませていただきます。
繰り返しですが、誠にお疲れ様でした。

投稿: 水野 一寿 | 2016年7月22日 (金) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日課 | トップページ | 都知事選結果 »