« 九重親方(千代の富士)死去 | トップページ | 呆れた »

広島カープ

広島カープに久々に優勝のチャンスが回ってきた。

ペナントレースはあと2ヶ月。本日現在で、残り46試合を残して巨人とのゲーム差は8。悠々優勝できそうだが、悲観論者の私はついつい悪いほうに悪いほうに考えてしまう。

・ゲーム差8が、だんだん引き離してきての8ならよいが、最大11あったゲーム差が少し詰められての8、約2週間で3ゲーム詰められたことになるが、このペースでいけば、9月中旬には追いつかれることになる。
・2位巨人の戦力が整ってきた。とくに主砲の阿部が戻ってきてからというもの絶好調だ。現時点の戦力はカープよりも巨人が上。
・DNA、阪神が強くなってきた。これもかなり脅威だ。巨人、DNA、阪神が星のつぶしあいをすればよいのだが、案外その3チームでは巨人が星をかせぎ、カープに牙を剥いてくる不安がある。
・なんといっても1996年(20年前)にメークドラマをやらかされ、長島巨人の引き立て役になってしまった悪夢がある。

というわけで不安はつきないが、あんまり大きな期待をせずに、静かに優勝の日を待ちたいと思う。(優勝しても、CSがある)。

|

« 九重親方(千代の富士)死去 | トップページ | 呆れた »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九重親方(千代の富士)死去 | トップページ | 呆れた »