« クリスマス | トップページ | 一年の反省 »

ジミーの誕生日

12月23日に次のように書いた。

天皇誕生日。
中略
歴史では、東條英機らA級戦犯が68年前に処刑された日。将来の天皇誕生日に処刑したのは、アメリカの意地悪か、それとも思い出させないためか。

この答えが書かれている本が出ている。

猪瀬直樹『東条英機処刑の日 アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」』(2011 文春文庫)

もともとは2009年に『ジミーの誕生日』というタイトルの単行本を文庫版にするときに改題したもの。ジミーは当時の皇太子明仁殿下の英語の授業時のニックネームである(恥ずかしながら、勉強不足でこの本の存在を最近まで知らなかった)。

この本は、GHQ(実はアメリカ)の対日占領政策を描いたノンフィクションであるが、最大の焦点は東京裁判と1948年の東條らの処刑である。

東條らの処刑は、まるで皇太子の誕生日の12月23日を待つように、1948年のその0時1分30秒に執行された。さかのぼって、A級戦犯が起訴されたのが1946年4月29日(つまり天皇誕生日)、裁判が開廷したのが5月3日(翌年に新憲法施行)。アメリカ(マッカーサー)はA級戦犯の処遇が天皇の身代わりであることを知らせたかったのというのが、著者の主張である。

この本の見どころは、そこで、マッカーサーの部下であるケーディス大佐(実在人物)、そしてこの大佐と不倫関係になったと言われる子爵夫人(これも実在の人物だということは結構知れ渡っている)をキーパーソンとしていることだ。ジミーの誕生日に処刑という筋書きは、このケーディス大佐が描いたものだという。

物語の最後に猪瀬自身がこの子爵夫人の孫という女性(この女性が実在の人物かどうかはどうでもよいことである)と語るシーンがある。

「12月23日の皇太子誕生日がケーディスの作品の完成なのか、というご質問には答えられます。いずれ昭和天皇は無くなれば皇太子明仁が天皇として即位する。12月23日は祝日になる。その日に東條が絞首刑になった日だということを日本人が思い出すはずだった。新しい天皇にも戦争責任が刻印され、引き継がれる。・・略」
「でも東條が処刑された日など、いま誰も知りませんよね」
「ただ一人を除いてね」

ここまで読んだとき、すぐに明仁天皇の姿が浮かんだ。沖縄、広島、長崎、硫黄島、サイパンと痛々しいまでに慰霊の旅を繰り返す姿が。この方にはまだあの戦争の傷跡ががしっかり刻み込まれているのだと。世の中がクリスマスだと浮かれているときにも。

それにしても猪瀬のこの筆力はなんだろう。原資料を含む資料をもとにこの物語を構成するのだろうが、一つひとつの場面はまるで現在目の前で起こっていることのように描かれる。推理小説でも読んでいるような気分になる。

政治の世界などに足を入れて、その名前を汚してしまったのが残念でならない。しかし名誉挽回、政治の世界のドロドロも含めてもっともっと書いてもらいたい(いまは、ほほえましい噂話が持ち上がっているが)。

|

« クリスマス | トップページ | 一年の反省 »

」カテゴリの記事

コメント

 ありがとうございます。勉強になります。我が道を行き、晩節を汚さないように私は生きたいと常々思っています。。来年もよろしくお願いいたします。

投稿: tsuguo-kodera | 2016年12月29日 (木) 03時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマス | トップページ | 一年の反省 »