« 2017年2月 | トップページ

偲ぶ会

昨年は、同窓の大学院の二人の後輩の訃報を受けた。
先日、その一人を偲ぶ会があって出席し別れの言葉を述べた。

私より若い後輩の訃報を受けるのはもうごめんだ。
また、後輩に対する別れの言葉を話すのは、今回が最初で最後にしたい。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ