« 2022年3月 | トップページ

完全試合 佐々木朗希投手(

完全試合

昨日達成の瞬間を見ることができた。阪神-広島の試合を見ていたのだが、広島の勝ちを見届けてすぐにチャンネルを変えたら、あと二人というところだった。最後のバッターを三振に討ち取った瞬間は興奮した。

プロ野球の完全試合。2007年の日本シリーズは観ていたが、山井投手と岩瀬投手の継投だった。1994年の巨人槇原投手(対広島)もニュースで知ったものだった。その前の阪急の今井雄太郎投手以前も全部、ニュースで知ったものだった。

高校野球では、1978年選抜の前橋高校の松本稔投手の完全試合は、一試合全部をテレビで観ている。

プロ野球の完全試合達成の瞬間をライブ放送で観観たのは、はじめてのことだ。もう、見られないと思っていた。

しかし、槇原投手の完全試合が27年前とは驚きだ。それだけ、プロ野球が打高投低になっているということだが、その中での完全試合とは佐々木朗希投手もロッテ守備陣も立派である。

佐々木投手と言えば、3年前の夏の高校野球の岩手県大会の決勝戦で監督が登板回避させたことが、物議を醸した。私はあのときに監督の判断を支持したが、あれがあって今があると思っている。

鯉が首位に立ったこともうれしいが(阪神地方のみなさん、ごめんね)、今日は佐々木投手を讃えよう。

| | コメント (0)

さくらさくら 日本古謡?

自宅のまわりには、桜の名所が結構あるが、昨日あたりから散り始めた。この散り際も桜の魅力の一つである。

別のSNSで「さくらさくら」(小学校第4学年歌唱教材)があまり知られていないことが話題になっていた。

教科書を調べるてみると、2社ともに2曲目で「さくらさくら」が見事な写真がとともに掲載されている。一社の写真は「これはいったい何の教科書だろう」と思うほど一枚に3ページも使った(折り返し付き)見事なものだ(他に、日本の桜2枚、ワシントンの桜の写真まで)。

しかし、実際に音楽科で季節の歌としてこの歌を取り上げようとすると、なかなかたいへんだと思う。授業が始まる頃には日本の東北・北海道を除いては桜は散ってしまっている。(弘前にいたころはゴールデンウイークがピークだったが、最近は早くなっているようだ)。共通教材だから飛ばすわけにはいかないので、歌唱教材としては、さらっと歌って終わりというところだろう。

この歌は「日本古謡」ということになっている。古いものでは、音楽取調掛が明治20年に発行した『箏曲集』に掲載されているが、箏(こと)の練習曲として使われていた楽曲からとったものらしい。ただ、今の教科書に掲載されているものとは歌詞が異なる。今の教科書の曲は、昭和16年の国民学校教科書「うたのほん下」に掲載されたものだ。なぜ、これが「日本古謡」になってしまったのかはわからない。学会で「日本古謡」の表記を問題にしている人もいた。たしかに「日本古謡」いうのは怪しい話だ。

また、はなやかなさと散りゆく寂しさをもつ桜の風景とこの歌詞・旋律はどうしても合わない。私にはなんとも間の抜けた歌に聞こえる。一社の教科書に「日本の自然の美しさを表した歌として、外国でも有名です」という表記があるが、これが日本の代表的な歌だと思われるのはあまりうれしくない。

| | コメント (0)

« 2022年3月 | トップページ