My WebPage

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2022年4月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月の投稿

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症(私の研究の範囲)


(1)パチンコ、公営ギャンブル等で大当たりを経験
(2)自分が可処分できるお金を全部注ぎ込む
(3)貯金や家計からも注ぎ込む
(4)借金をする(現在ならクレジットカードやサラ金)
(5)自分が処理できる公金に手を出す。
(6)周りに都合の良い嘘を言ってお金を借りる
................................
給与やボーナスで対処できるうちにキッパリとやめればなんとかなる(今までギャンブルに注ぎ込むことができたのだから、返済も可能)。ギャンブル依存症は病気なので精神主義ではやめられない。ある意味では、飲酒や喫煙以上にやめられない。怖いのは、(1)〜(4)くらいまでは、本人が深刻に思っていないこと(「何とかなるだろう」という気持ち)、さらに(6)まで行っても周囲の人(家族でさえ)はその人が依存症に陥っていることに気づかないこと(周囲から見ればとても良い人、一平さんのことも日本中の人が「良い人」と思っていた) 。

結局、仕事や友人や家族まで失い、最後は自分の命まで失ってしまうことにつながる。


突然逝ってしまってはっきりした理由が公開されていない人がいるが、この中にはギャンブル依存症の人がいる。








大学入試

3月3日と言えば、昔は大学入試だった。

55年前*、全国の大学は紛争の真っ只中。私の受験した大学も例に漏れず、入試は学外の施設で行われた。生まれて初めて訪れた土地でもあり、不安いっぱいで当日を迎えた。

最初の3日間が、国、社会、数、理、英、4日目が実技だったはずだが、最初の3日間の記憶がない。ただ実技だけは記憶がある。自分としてはびっくりするほどよくできた。とくに、ピアノについては人生(その後を含む)の中でも、最高の演奏ではなかっただろうか。(その後少しも上達しなかった)

そして、なんとか合格はしたが、大学が一部学生によって封鎖**され、9月まで自宅待機させられた。

*1969年。この年は紛争の影響で、東京大学と、東京教育大学の体育学部以外の学部では、入試が行われなかった。だから、私と同じ学年には、東大に現役で人学した人はいない。私は、とてもそんな学力はなかったので何の影響もなかったが、私と同じ学年の人には、「東大に行きたかったが、入試がなかったのでね」という人が結構いる。東京教育大学は、その後閉鎖となり、筑波大学が設置された。東京教育大学と筑波大学はまったく別物である。

« 2022年4月 | トップページ | 2024年4月 »