落合GM

中日ドラゴンズの落合博満GMの退団が発表された。事実上の解雇だろう。

落合は選手の時代(とくにロッテ時代)から好きだった。

セリーグに来てからは、憎っくき敵チームの選手・監督ととしてカープを苦しめてくれたが、それでも嫌いではなかった。王、野村、張本とも肩を並べられるくらいの偉大なスラッガーと言えるだろう。

しかし、最後の中日GMとしての3年間は痛ましかった。リストラに年棒カット、まるでブラック企業の経営者のようなことをした。「プロ野球は契約」だから、それ自身はよいとしても、その結果が悲惨で最後は最下位。あきらかにGMに就任したことが失敗である。

落合の失敗例から学ぶことはいくらでもあるが、大きくは二つ。

1 老いれば衰える
どんな立派な指導者でも、老いれば体力も感性も知力も落ちる。jまた、まわりの状況の変化についていけなくなる。ひどいことに、自分の衰えやまわりの変化についていけないことに自覚がない。その上、過去の業績がある人には誰も面と向かってものが言えない。言われても自分が大物だとおもっているので聞かない(落合に対しては厳しい世論の批判があったが、それでも聞かなかった)。当然のことながらピントのはずれた言動をするようになってくる。

2 一芸は道に通じず
「一芸は道に通じる」(一つの芸を極めると他の道にも通用する)ということばは嘘だ。名選手名監督ならずが普通なのだ。長島、王、野村(名監督のようだが、監督全期を通算すると下位に低迷しているほうが多い)。ところが落合は、名選手であり名監督になった珍しい例だ。これでやめておけばよかったのだ。それでも普通のGMならまだよかったのだろうが、球団経営にまだ関わった。野球人として能力の及ばないところにまで手を出して失敗した。これは野球の世界でなくとも言えることだ。

私たちのまわりにも、老いによる衰えや限界に気づかない人はたくさんいる。トンチンカンな言動をする。そのトンチンカンが自分だけの楽しみならよい。しかし指導的な立場の人がこれをやると社会の大きな迷惑になる(それがどれだけ本人の良心からでたことであってもそうである)。

人間誰にでも限界と引き際がある。それは個人によって異なる。限界と引き際を見極め美しく生きよう。

| | コメント (0)

広島カープ

広島カープに久々に優勝のチャンスが回ってきた。

ペナントレースはあと2ヶ月。本日現在で、残り46試合を残して巨人とのゲーム差は8。悠々優勝できそうだが、悲観論者の私はついつい悪いほうに悪いほうに考えてしまう。

・ゲーム差8が、だんだん引き離してきての8ならよいが、最大11あったゲーム差が少し詰められての8、約2週間で3ゲーム詰められたことになるが、このペースでいけば、9月中旬には追いつかれることになる。
・2位巨人の戦力が整ってきた。とくに主砲の阿部が戻ってきてからというもの絶好調だ。現時点の戦力はカープよりも巨人が上。
・DNA、阪神が強くなってきた。これもかなり脅威だ。巨人、DNA、阪神が星のつぶしあいをすればよいのだが、案外その3チームでは巨人が星をかせぎ、カープに牙を剥いてくる不安がある。
・なんといっても1996年(20年前)にメークドラマをやらかされ、長島巨人の引き立て役になってしまった悪夢がある。

というわけで不安はつきないが、あんまり大きな期待をせずに、静かに優勝の日を待ちたいと思う。(優勝しても、CSがある)。

| | コメント (0)

九重親方(千代の富士)死去

元千代の富士の九重親方が死去。
また、昭和が遠くなった。

(補足)

「昭和が遠くなった」と書いたが、ちょっとおかしな表現だと気がついた。

北の湖、千代の富士、隆の里
みんな亡くなってしまったが、考えてみたら私より若い。
ちょっと早すぎる。そもそも力士という職業は概して寿命が短いようだ。
おそらく相当な無理をして体づくりをしていることは容易に想像できる。
千代の富士の場合はがんだから、必ずしも相撲の体づくりが原因とはいえない。

しかし、このままでよいのかななどと思うのは、余計な御世話なのだろうか。

| | コメント (0)

山歩き

2月に尼崎市から宝塚市に引っ越した。距離的には少しの距離の引っ越しだったのだが、環境がだいぶ変わった。その中でも一番変わったのは、自然環境。尼崎市が平野ばかりの町だったの対して、宝塚市(とくに私の住んでいる逆瀬川地区)は西側が山(六甲山脈の端っこ)である。私もこの山の斜面(海抜100m)に住んでいる。

通勤路は、この山の斜面を15分ほど下りて、阪急逆瀬川駅から門戸厄神駅まで電車に乗り(8分)、その駅からまた大学まで15分ほど先道を登る。しかし、山を下りてまた登るというのが不合理だ。いっそのことを山のほうを歩いたらどうだ、という訳で山際を歩いて通勤することのした。これだと約6キロ、1時間半ほどの徒歩通勤することにした。ただ、実際には電車通勤よりも多くの登り下りがあり合理的な通勤とは言えないのだが。

山際を歩いているにだんだんその山にも登りたくなってきた。それで、休日にこの周りにある山に片っ端から登ってみた。これまで登った山は次の通り。

行者山(416) 自宅の裏山
板倉山(488.4) 六甲山脈最西の山
譲葉山(514) 5つの峰からなる連山
岩原山(573)  宝塚最高峰
大平山(681)  西宮市の山
樫ヶ峰'457) 西宮市と宝塚市の市境に位置する山
社家鄕山(489)  同上 しゃけごうやまと読む
甲山(309.2) 関西学院の裏山。最近は通勤や帰宅途中に登ることもある。5月以後14回登頂した。

これだけ登るとだんだん目標も高くなる。というわけで挑戦したいのが六甲全山従走路。六甲全縦山走路とは、神戸市の須磨から宝塚市までの六甲全山を上り下りする全長56キロ、上り道を通算すると3000メートルになるという難コース。もちろんすぐには無理だ。というわけでまず軽い練習から。

1回目(6月) 全縦走路を宝塚側から六甲最高峰(931.3)まで、15キロ。これは小手調べといったところ。この日はここで打ち切り、北側の有馬温泉に降りて(5キロ)バスで帰った。

2回目(昨日) 今回は行けるところまで行こうという訳で、朝6時30分に家を出る。六甲最高峰、六甲山頂、摩耶山(ちょうど真ん中あたりらしい)を通って、市ヶ原というところについたところでちょうど14時30分、8時間。ここで打ち切ることにした。ここから布引ダム、布引の滝を通って新神戸駅・三宮駅と歩いて、そこから電車で帰宅。30キロくらいを9時間半かけて歩いた。神戸という市は都会と自然が隣合わせだということに改めて気づいた。

次は、須磨浦公園から上りはじめて、摩耶山くらいまでは歩きたい。
もちろん最終目標は、従走路完歩。そして11月の大会に出場したい。



| | コメント (0)

スポーツ指導者の危うさ

武庫川河川敷をランニングしているとき、スポーツ少年団らしき少年野球チームの集団ランニングの一団とすれ違った。一瞬思ったのは、「恐いことをする(させる)!」

そのチームが練習拠点にしているところからもう2キロくらい離れたところだ。気温も上がっている。炎天下でただえさえ子どもの体調には気を使うべきところだ。しかし子どもたちは水も持たずに走っている。また、その集団に大人がだれもついていない。少なくとも、数人が水をもって自転車で伴走くらいしてやるのが当然だろう(小学生にこのころから何キロも走らせるのがよいことがどうかもよくわからない)。もし、これで熱中症にでもなったらどうなるのだろうと思うと、子どもたちのことが気になって自分のほうが走れなくなってしまった(自分自身は、自己責任だと思っているのである程度は仕方ないと思っているが、それでも水分補給は走りながらでもしっかりやっている)。

チームの指導者の中に、こんなことをさせる危険性を訴える人はいないのか。保護者も何人か付き添っているはずだが、何も言わないのか。もしそうだとしたら、このチームの指導者は相当ひどい(指導者の資格はない)。そしてだれもこれに抗議できないのだとしたらチームの運営もひどい。

最近は、小学生のスポーツはスポーツ少年団が運営することが多くなった。そのために学校の管理下をはなれるようになっているらしい。しかしそのために、こういった危険な状況が生まれているとしたら再考が必要だろう。これが少年スポーツ指導者の実態だとは思いたくないが。

そんな気持ちで少年たちが走り去る後ろ姿を何度もふりかえった。何事もなく無事に走り終わっていたらよいのだが。

| | コメント (0)

7月ランニング中間報告

10月20日の四万十川ウルトラマラソンにエントリーしていたが、落選通知。
気が抜けて2日ほどランを休んだが、気を取り直して本日は朝ラン10キロ

7月の中間報告

1日(月)10キロ
2日(火)10キロ
3日(水)12キロ
5日(金)10キロ
9日(火)10キロ
10日(水)10キロ
12日(金)10キロ
13日(土)11キロ(マシン)
14日(日)10キロ
15日(月)9キロ(東京出張・皇居)
17日(水)14キロ 夕方ラン
18日(木)15キロ
21日(月)10キロ
これまで、計142キロ。
1日平均10キロという無謀な目標はたてず、楽しく走ろう!

| | コメント (0)

ランニングとエネルギー消費

先日、ランニングにおけるエネルギー消費について飲みながら議論した。
以前書いたのを思い出したので、もう一度私の認識を書いておく。

個人差は少しあるが、一般的に人間が1キロ走ると(腕を振って早足でのウォーキングも同じ)体重1キログラムあたり1キロカロリー消費する(略して「カロリー」ということもあるが、キロカロリーが正確)。体重70キロの人が1キロ走れば70キロカロリー、10キロ走れば700キロカロリー消費することになる。

ま た、体脂肪は1キログラムあたり、7800キロカロリーのエネルギーをため込んでいる。したがって、700キロカロリーをすべて体脂肪で消費した場 合、0.0897キログラム、つまり約90グラム脂肪が減少する。ただし、消費するのは脂肪だけではないので、100グラムほど体重が減少すると考えたらよい(直後に体重を計れば2キロくらいは減るがこれは汗で水分が体からなくなったに過ぎない)。

さて10キロ走って100グラムを多いとみるか、わずかとみるか。
食べ過ぎない、飲み過ぎない生活をすれば、1月に10日走れば確実に1キロ体重が減る。
ただし、こってりしたラーメンを間食で食べたら(食事としてなら良い)、10キロランが水の泡・・・ならよいが体脂肪に戻る。結局、INは楽しく容易であっという間だが、OUTは辛くて時間のかかるものだということ。

それでも、やる以外にない。体質もあるだろうが、私の場合ランニングしなければ確実に体重が増えるし、ランニングをすれば、たとえ100グラムずつでも確実に減っていく。ため込んだのも自分なのだから自分で消費する以外にない。

| | コメント (0)

ランニング

完全にランニングにはまってしまった。
昨年、記録を取り始めた9月からの走行距離は次の通りである。

  9月 246
10月 310
11月 191
12月 161
  1月 282
-------------------
 計 1190

よう走った・・・という感じである。
この中には、1回の大会(ハーフ)と2回の記録会(10キロ、30キロ)が含まれる。

そして、今月24日には高知でフルマラソンを走る。
今までのフルマラソンでの完走は7回。

2002 馬路村心臓やぶりマラソン
2002 那覇マラソン
2003 弘前アップルマラソン
2003 那覇マラソン
2004 那覇マラソン
2005 弘前アップルマラソン
2006 弘前アップルマラソン
参考
2003 サロマウルトラ100キロマラソン

今までの42.195km自己最高記録は、4時間10分40秒。
これは10年前の記録なので無理だ。久しぶりなので、5時間以内での完走(制限時間6時間)を目標にする。そしてあわよくば(その日の調子によって)、4時間30分以内をめざす。いろいろ心配なことはあるが、当日までに体調をベストに持っていきたい。

| | コメント (0)

ランニング記録(2012年9月)

1日(土) 8キロ
出張中の東京で朝ラン 皇居周囲(桜田門-桜田門を反時計まわり)5キロを32分、ホテルと桜田門往復3キロ)

2日(日) 19キロ
地図のコース10キロ 途中の河川敷3.5キロ22分7秒 
午後9キロ(1時間)マシン

3日(月) さぼり

4日(火) 6キロ
ジムで40分。1時間で9キロ走るつもりだったが、気分が乗らず6キロでやめる。

年末に近くで行われるあるハーフマラソン大会にエントリーした。制限時間2時間30分なので少し苦しいかもしれないが、あと3ヶ月少しあるのでがんばってトレーニングしようと思う

5日(水) 10キロ
朝ラン、5時起きでいつものコース。河川敷3.5キロ22分38秒。

6日(木) 14キロ
朝ランは短縮5キロ、体が重い。
夕方、ジムで、1時間で9キロ

ジムで体重測定。68.65kg (運動前) 66.8kg (運動後)

7日(金) 18キロ
朝ラン10キロ。タイム計測なし
マシン 1時間で8キロ

8日(土) 14キロ
朝ラン5キロ。10キロのつもりが、ばてたので5キロの地点から歩く。
マシン 63分で9キロ

9日(日) 10キロ
朝ラン10キロ。マシン10キロ(70分)

10日(月) なし
朝は4キロウォーク

11日(火) なし
朝小雨

12日(水) なし

13日(木) 17キロ
朝ラン 7キロ。マシン10キロ

14日(金) 11キロ
朝ラン 10キロ。マシン1キロ

15日(土) なし

16日(日) なし

17日(休) 20 キロ
朝ラン10キロ(途中2キロ計時 11分40秒)
マシン10キロ(62分25秒)

18日(火) 6キロ
悪天候の中 朝ラン6キロ

19日(水) なし
前夜眠れず、夜は飲み

20日(木) なし
前夜飲み過ぎ

21日(金) 10キロ
朝ラン10キロ。今日は河川敷3.5キロを往復でペース走。
往 目標キロ7分 記録24分40秒(10秒オーバー)
復 目標キロ6分40秒 記録21分35秒(キロ6分10秒ペース)

22日(土) 12キロ
朝ラン 12キロ 大学と自宅を往復
ジム 9キロ

23日(日) 13キロ
朝ラン 10キロ 雨天
ジム 3キロ

24日(月) なし

25日(火) 
朝ラン10キロ
河川敷3.5キロ往復7キロを計時
記録 45分0秒(前半22分、後半23分)

26日(水)
朝ラン13キロ
前半 5キロ 33分10秒(キロ6分39秒)
後半 5キロ 31分15秒(キロ6分15秒) 
計10キロ 64分25秒(キロ6分27秒)

27日(木) 5キロ 
朝ラン5キロ ふくろはぎに違和感

28日(金) なし

29日(土) なし
ふくろはぎにまだ違和感あり。水中歩行1時間

30日(日) 10キロ
朝ラン10キロ

計241キロ

最低平均1日10キロは走りたかったのだが、やはり授業が始まると難しい。やはり、走れる日にできるだけ走っておくことが必要なようだ。

 

| | コメント (0)

ランニング(1)

3月末に体重が82キロになって、医者からメタボだと注意されて言われて体重を落としてきた。最初は、通勤往復のウォーキングで2ヶ月で約5キロほど体重が落ちた。体重が落ちると、昔(10年前)を思い出し走りたくなってきた。ただ、いきなり走ると膝や足首を痛めるので、ウォーキングをベースにそのうちの1~2キロ程度をゆっくり走り、体重や体調と相談しながら走る距離を伸ばしてきた。

夏に入って体重が70キロを切ったので、本格的に朝ランを開始、10キロの朝ランができるようになってきた。朝ランのコースは次の通りである。

Runningmap

赤い線が朝ランのコース。右上の青い四角が自宅付近。ここから時計回りに回るとだいたい10キロである。

ただし、このうちで真剣に走るのは、武庫川河川敷の武庫川駅下から、阪急神戸線鉄橋南までの3.5キロ。ここは土の上だし、また5キロごとに距離表示がある。ここだけはタイムを計り一定のペースで走る。現在はキロ6分40秒ペース、3.5キロを23分20秒以内で走りきるようにしている。これをキロ6分、3.5キロを21分(10km/h)にし、最終的にはキロ6分のペースで10キロ走れるようになりたいと思っている。

あと、時間的にゆとりがあれば、近くのフィットネス・クラブのランニング・マシン(トレッド・ミル)で1時間走る。マシンは路上より少し楽なので、現在は1時間で9キロ走るようにしている。

こういうことを続けていれば、もう一度フルマラソンが走れそうな気がする。できれば、来年には2~3回大会に出たいと思っている。

というわけで、今月から走行距離を記録することにした。

1日(土) 8キロ
出張中の東京で朝ラン 皇居周囲(桜田門-桜田門を反時計まわり)5キロを32分、ホテルと桜田門往復3キロ)

2日(日) 10キロ
上の地図のコース10キロ 途中の3.5キロは22分7秒(6m20s/km)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧