My List

無料ブログはココログ
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

文化・芸術

2009年3月12日 (木)

晩節を汚す

今日は、国立大学の後期入学試験である。国立大学を目指す受験生にとっては今年度最後のチャンスである。私たちにとっては、一番緊張する業務である。なんといっても人の一生を左右する行事である。前期のような失敗があってはいけない。  http://www.mutusinpou.co.jp/news/2009/03/5703.html

将棋の中原誠十七世名人が引退を発表した。昨年脳出血を起こしリハビリを続けたが、元に戻らないということで引退することにしたと言う。将棋通なら、この人の実績については言うよしもがなである。今で言えば、羽生善治名人と同じかそれ以上である。

ただ、例のあの事件を起こしてしまった。晩節を汚すことになってしまったが、それはそれで幸せなことだったのかも知れない。あの時に自宅前で報道陣に堂々と対応していたのを思い出す。この人の将棋や、あの事件の時の対応を見ていると、次の言葉がピッタリである。

「強い奴は鈍い。鈍い奴は強い」
私たちのまわりにもたくさんいる(私も鈍いが強くはない)。

ついでに将棋の話題だが、下のブログにはわろうた。
http://inaw.exblog.jp/8052454/
渡辺明竜王の妻、めぐみさんのブログだ。このブログはいつもおもしろい。

2007年1月10日 (水)

カルタ

1月7日にかるたの第53期名人位決定戦、第51期クイーン位決定戦が行われた。
NHK・BSで中継されたので見た人もいるかもしれない。
名人戦(男子)では、西郷直樹名人が8回目の防衛(9連覇)。
クイーン戦(女子)では、楠木早紀クイーンが2回目の防衛(3連覇)。

名人戦は5戦制で、先に3勝したほうが名人になるそうだが、西郷名人は9大会連続3-0のストレート勝ち、つまり27連勝だそうだからすごい。それも各試合で10枚近い差がついているから、圧勝というところだろう。

クイーン戦は3戦制だが、高校2年生の楠木クイーンも3年連続ストレート勝ち。だんだん強くなっているような気がする。

私たちの研究仲間にかるたの元チャンピオンがいる。そう、あの人だ。その人によるとこのくらいのクラスになると、一字決まりの歌(たてえば「むらさめの・・・」)なら読み手が最初の音(む)を読むか読まないかのうちに、もう手は札(「きりたちのぼる・・」)をはねているそうだ。二字決まりや三字きまりの歌でも、他の札が先にで出ていれば一字きまりと同じになる。そういうレベルの人が対戦すれば、ほとんど格闘技である。たまには体がぶつかって骨折することもあると言う。

私はもう歳だから、いまからはじめても強くはなれないだろうが、若い人にはぜひ興味をもってもらいたい。