切手問題

数学の未解決の問題に「郵便切手問題」というのがあるらしい。

切り離されていない、横に1列に並んだn枚の切手を、折りたたんでいって、切手1枚のサイズにまで折りたたむ。このとき、左端の切手が一番上になるような折りたたみ方は何通りあるか?

わたしなんぞは慌て者だから、すぐ次のような結論を出す。

切手はn枚だから、折り目はn-1。しかし一番最初の折り目は山折りしかできないから、残りの折り目はn-2。それぞれが山折りまたは谷折りができるので答えは、2^(n-2)・・・(^は累乗を表す)。

n=4まではたしかにこのようになる。しかし、5枚になるともういけない。山・谷は同じでも違う折り方でできるからである。例えば、2枚目から、山、谷、山と折って最後に山折しようとすると(やってみてください)、5枚目を4枚目の下に折り込む場合と、1枚目の下に折り込む場合がでてくる。つまり山か谷かだけでは解決ができないのである。結局、5枚の場合は10通り、6枚の場合は24通りになる。6枚までは自分でやってみたが、それ以上は手に負えない。ある枚数までは明らかになっているようだが、nの式で表すことはできていないらしい。

コンピュータに試行させればnが有限なら(例えば「1万枚なら何通りか」という場合)答えが出せるのかもしれない。しかし、nの一般式で表すことはできないということなのであろう。簡単そうなのに未解決。不思議である。

| | コメント (0)

今日でお別れ

今日は高知に来ている。昔お世話をしたことのある少年少女合唱団の定期演奏会を聴くためである
第1期から8期までお世話したのだが、今年は27回目の定期演奏会ということだ。楽しみである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

突然だが、趣味の一つである将棋を指すのも棋士を応援するのも終わりにしようと思う。将棋連盟会長である米長邦雄永世棋聖が、さしてスペックもよくないコンピュータ・ソフト「ボンクラーズ」に簡単に負けてしまったからである。You-Tube にその様子が出ている。

自転車や自動車が生まれても陸上競技に価値があるのは、それが「人間の体力」の限界に挑戦する競技だからである。しかし「コンピュータが生まれても、将棋は「人間の知力」の限界に挑戦するゲームだから将棋には価値がある」とは言えない。コンピュータそのものが人間の知力の結晶だからである。知の限界に挑戦するためにコンピュータを使ったか使わなかったで価値が高くなったり低くなったりするわけではない。研究者が情報収集や情報の整理にパソコンやインターネットを使ったからといって、研究の価値が下がるわけではない。

円周率を手計算して100桁、1000桁導き出し丸暗記して暗唱してみせても、変人扱いはされてもそれがほめたたえられるわけではない。コンピュータにたずねたら最善手がわかることを人間が長時間考えるのは知力の無駄遣いでしかない。

3級程度の実力の人が開発したソフトに仮にもかつて名人を名乗った人が負けるのでは、遊びとしては生き残っても、プロの存在価値はないに等しい。

私にとって、将棋は子どもの頃からのロマンの一つだった。時間(勉強)もお金(本)もつぎ込んだ。しかし、その将棋に今日でお別れ。

(一昨日書こうとしていたこととは違います)

| | コメント (0)

インターネット将棋道場

昨日はじっと自宅で。
学生のレポートを読んだり、原稿の校正をしたり、メールを読んだり書いたり、楽器をいじってみたり・・・。30分くらいで飽きるので、別のことをする。

その間に、久しぶりにインターネットの将棋道場でヘボ将棋を指した。道場ではかなり下位のクラスであるが、それでも負けたり負けたり勝ったり。そのヘボ将棋の1局をヘボな自戦解説でお見せする。

吉田の自戦

なお、この将棋には、柿木義一さんのKif for Flash を使っている。その実験でもある。

| | コメント (0)

将棋・竜王戦

将棋の第22期竜王戦は、渡辺明竜王が挑戦者の森内俊之九段(第18代永世名人資格者)を4勝0敗で退け竜王位を防衛した。これで渡辺明竜王は竜王戦6連覇。竜王戦は読売新聞の主催で最も賞金額の大きい棋戦である。

インターネットの竜王戦サイトで、棋譜を見ることができる。このサイトには丁寧な解説がついている。私の棋力では分からないことがたくさんあるのだが、それでも渡辺竜王の強さはわかる。

ただ、渡辺竜王は名人挑戦につながる順位戦ではまだB級1組。名人に挑戦できない。A級にあがってそのリーグの優勝してはじめて羽生善治名人に挑戦できる。それが楽しみなのだが、もう少し時間がかかりそうである。

ああ、こんなことをしている場合ではない。原稿が2つ・・・

| | コメント (0)

どうぶつしょうぎ

「どうぶつしょうぎ」のことが話題になっている。
将棋の女流棋士の北尾まどかさんが考案したそうだ。

将棋に比べると非常に簡単だが、実際にゲームをすると奥が深いらしい。
渡辺明竜王もブログで紹介している。

子どもが手軽に楽しめるゲームになるとよいのだが。
私も注文したところである。

| | コメント (0)